環境方針・事業継続方針

環境方針

 イエスは幼な子を呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて言われた。よく聞きなさい。心を入れかえて幼な子のようにならなければ、天国に入ることはできないであろう。この幼な子のように自分を低くする者が、天国で一番偉いのである。また、誰でも、このようなひとりの幼な子を、私の名のゆえに受け入れる者は、私を受け入れるのである。
あなた方は、これらの小さい者のひとりをも軽んじないように気をつけなさい。

(マタイによる福音書18章2節~10節)

基本理念

 玉川保育園は昭和43年開設されました。また西国立保育園は昭和32年に幼稚園として開設され、昭和37年保育所認可を受けました。ともに平成27年より立川市を所轄庁とする社会福祉法人草萠学舎のもと施設運営を行っています。
 キリストの愛と奉仕の精神を踏まえた全人教育の実践の場であり、地域社会の要望に応えながら、人生の土台がつくられる乳幼児期の子どもたちに相応しい環境を整え、その中で日々質の高い保育活動を行うことを目指しています。

環境による保育

20160831_6 子どもたちの成長に大きな影響を与えるもの、それは、子どもたちを取りまく環境です。中でも最も重要なものは子どもたちを取りまく人的環境(保護者・保育者・地域の人々など)です。保育園に限って言えば、何より職員の質が問われるのです。子どもたちの保育を担当する人は、人間的な魅力ある人でなければなりません。
 玉川保育園及び西国立保育園では職員採用時の新人研修からOJT、大学の夏期セミナーや法人内合同研修会など、各種の研修やきめ細かい職員指導を行なうと共に、職員会や保育委員会等での活発な意見交換を行なうことにより、全職員が保育者としての正しい愛情と高い保育技術を身につけて、子どもたちと接することができるよう、日々努力を重ねています。
 玉川保育園では平成元年には園舎の全面改築を行い、園庭・園舎・教具・教材なども含めた物的環境も整い、より質の高い保育を提供できるようになりました。西国立保育園においても平成23年度の分園開設、翌年の東棟増築をひとつの契機に、より質の高い保育の提供を目指し、園庭・園舎・教具・教材なども含めた物的環境の見直しを進めてきました。

環境マネジメントシステム導入の目的と適用範囲

認証登録番号:EMS 556927 規格名称:ISO14001:2015

当園ではISO14001の最新版を活用し、事業継続マネジメントシステム(BCMS)の要素を含めた環境マネジメントシステム(EMS)を核とした事業運営を行っています。
当園におけるEMSの目的は次の通りです。

  • 当園の多彩な活動の中に環境の視点を効果的に取り入れ、次世代を担う子どもたちの環境意識を高める。
  • 保育・園運営を行う上での環境負荷を削減し、事業所としての社会的責任を果たす。
  • 事業の中断・阻害を引き起こすインシデントを管理するための管理方法や基準を確立し、園児及び関係者を守るため、災害時の対応能力、復旧能力を強化する。
  • 目標の達成管理に基づき、環境との親和性、事業継続の能力を継続的に改善する。
  • 適用範囲は組織、サービス、事業活動に分けて設定し、次のとおりとします。
    社会福祉法人草萠学舎玉川保育園の組織及び敷地
    西国立保育園の組織及び敷地(本園・分園)
    当園で行う保育の提供に関わる活動(散歩などの園外保育を含む)

環境方針の策定にあたって

 今、私たちが住む地球は大きく変化しています。人間の営みに端を発すると言われる地球の温暖化や動植物の種の絶滅、文化や宗教対立による紛争、貧富の格差等々、特にこの100年間で地球とそこに住む生物は大きく傷つけられています。
 西国立保育園の環境方針策定にあたり、まず考えたことは、単なるお題目に終わることなく、西国立保育園に通う子どもたちが保育園という環境の中で日々生活することにより、自分自身を大切にすると共に他に親切な心を持った子どもになってくれるよう、また、人だけでなく周りの動植物や地球環境のことなどにも心にとめて、考え・行動してくれるような、そんなたくましい体と望ましい心を育てることに役立つ、西国立保育園らしい環境方針とは何か、そのための仕掛けとは何かということを考えることでした。

保育園の物的環境

(1)玉川保育園

玉川保育園は「地球にやさしい保育園」を目指しています。園舎の改築を機に、また、その後の改修にもその様な発想を積極的に取り入れて、子どもたちの生活の場である保育園が、ささやかであっても地球環境を意識した、更に魅力ある空間として活用されるよう、物的環境の充実にも力を入れて来ました。
具体的には、園舎中央の中庭部分の屋根はガラス屋根で、昼間は照明器具の点灯の必要はありません。屋根の最上部にはスプリンクラーが設置され、バルブをひねると小雨状の水が屋根を覆い、水が蒸発する際に屋根の熱を奪い取るという「打ち水」機能を持たせています。
2棟に分かれる園舎のメインの屋根は、赤外線を反射する遮熱塗料が施され、データ上ではありますが、屋根の表面温度は10度C以上低くなると言われています。太陽の位置や見る角度により異なりますが、スプリンクラーの水は「虹のバリアー」が園舎の屋根全体を覆っているようにも見え、保育者からの働きかけ次第では、自然の事象(天気・気象)に関心を持たせるという保育面での効果も期待できます。
園庭では、固定遊具を覆うように多様な樹木が配置され、夏の季節には多くの木陰が出現し、屋外遊びの子どもたちを紫外線から守っています。また、雨水浸透マスも効果的に配置され、駐車場の浸透アスファルトと共に、雨水を地下水脈に戻すような設計になっていて、自然環境の保全や回復、下水道への雨水の流入の軽減を図るよう配慮しています。
それと、園庭の固定遊具は、EUの安全基準をクリアーし、廃棄時にも余分な廃棄物を出さないよう、コンクリートの基礎工事を必要としない工法で設置されています。
プールサイドには、ソーラーパネル付き風力発電の照明灯があり、たった1灯ではありますがLEDの電気が点灯する仕組みになっています。風や太陽やエネルギーなどについて、子どもたちが気づいてくれるよう、単なる照明器具ではなく教材としての役割も持たせています。
夏のプール遊びは子どもたちが大好きな遊びのひとつですが、使用済みのプールの水はそのまま下水に流すことなく、ポンプを効果的に使いながら、職員総出で植木や園庭に散水します。樹木や花壇への水やりのための水道水の節約、打ち水による園内の温度調節、温室効果ガスの削減などをねらいとしていますが、時には、子どもたちにも労作教育の一環としてバケツを持たせて水撒きを行わせます。実際に打ち水を行うと、撒いたそばからそれまで動かなかった周囲の空気が動き出し、風を感じることができます。このような経験を子どもたちに体験させることも大切な保育活動のひとつだと考えています。
なお、玉川保育園では体温調節が未発達な0歳児に対する個別対応は別として、窓の開け閉めや扇風機、打ち水などを効果的に使い、エアコンに過度に頼ることなく、からだが自然と四季に順応するような、強いからだづくりを理想としています。
椅子や机、三輪車や積み木に至るまで、初期の購入費は高くても良いものを揃えて大切に扱い、壊れたときにも修理を施して長く使用することを基本としています。
保育園での給食は、子どもたちの楽しみのひとつですが、毎日出る生ゴミはバカになりません。玉川保育園では「極力ゴミは出さない」という考えから、調理室から出る生ゴミも微生物の力を利用した「生ゴミ処理機」で処理し、コンポストなどを併用して、土壌改良剤などに変えています。生ゴミ処理機による環境へのメリットとしては、ゴミ袋に使われる石油資源の節約、運搬の際のガソリンの節約、焼却炉での焼却効率の向上などが考えられます。

(2)西国立保育園

img_6746 西国立保育園が立地するJR西国立駅周辺は、立川市内でも早くから市街化が進んだ地域で、市内中心部や都心への交通アクセスなど生活利便性に優れる半面、「自然に恵まれている」とは言いがたい環境にあります。
 西国立保育園では分園・東棟の新設など施設設備面での増強、園児・職員数の増加を契機として、子どもたちの生活の場である保育園が、ささやかではあれど地球環境を意識した、更に魅力ある空間として活用されるよう、物的環境の充実にも力を入れ、市街地に暮らす子ども達がいかにして自然環境と触れ合い、つきあっていくための取り組みを進めています。
 平成23年度より運営を開始した分園は環境への配慮を意識したつくりとなっています。立川市防災施設からの施設改修においては「自然環境を組み込み、光や風、大地の享受を図る」ことをコンセプトに設計施工を行いました。「街中の小さな保育園」という状況を多角的に分析することで、時には制約をメリットに変えるアイデアも生まれてきます。
 例をあげれば、線路に接した施設という地理特性を単に「騒音」というマイナス要素だけで見るのではなく、他方子どもにとっては大好きな乗り物が間近で見られる機会ととらえ、部屋中から列車が見ることができ、防音性に優れたガラスサッシの導入とあわせ、フェンス周りを適度に植栽を施し視覚的緩和を図るといった工夫を行っています。また「森の木陰」をイメージしたウッドデッキとタープの設置による日照の調節、屋上スペースを利用した太陽光パネル給湯設備により、調理やプール遊びなどの温水使用時におけるガス消費量の削減などの配慮も行っています。
 これら分園における検討結果をもとに以後の東棟建設、本園の改修においてもフィードバックを行い、計画的なメンテナンスと併せて本園屋内照明のLED化や節水型便器の導入といった光熱資源の節減への取り組み、芝庭には浸透マスを設置し雨水を地下水脈に戻すような設計を施し、自然環境の保全や回復、下水道への雨水の流入の軽減を図るよう配慮しています。

 夏のプール遊びは子どもたちが大好きな遊びのひとつですが、使用済みのプールの水はそのまま下水に流すことなく、ポンプを効果的に使いながら、植木や園庭、時には園に面した道路に散水します。樹木や花壇への水やりのための水道水の節約、打ち水による園内外の温度調節、温室効果ガスの削減などをねらいとしていますが、時には、子どもたちにも労作教育の一環としてバケツを持たせて水撒きを行わせます。実際に打ち水を行うと、撒いたそばからそれまで動かなかった周囲の空気が動き出し、風を感じることができます。このような経験を子どもたちに体験させることも大切な保育活動のひとつだと考えています。
 西国立保育園では緑の少ない市街地という立地環境を念頭におきつつ、室内と室外温度を定時的にチェックしながら、窓の開け閉めや扇風機、打ち水などを効果的に使い、季節感を損わずまたエアコンに過度に頼ることなく、からだが自然と四季に順応するような、強いからだづくりを理想としています。
備品についても、椅子や机、三輪車や積み木に至るまで、初期の購入費は高くても良いものを揃えて大切に扱い、壊れたときにも修理を施して長く使用することを基本としています。

子どもたちに地球環境を意識させる

20160520_4 保育計画に基づき多彩な保育活動を展開しますが、特に以下の5点については「環境教育」の視点を意識して活動展開し、子どもたちに多くの有意義な体験をさせ、地球環境について関心を持たせたいと思います。

(1)礼拝や聖話を通して、他に親切で素直に感謝できる心を育てる。
(2)豊かな四季の移り変わりを肌で感じ、動植物の飼育栽培などを行うことにより、自然の不思議さや生命の大切さを理解させる。
(3)子どもの持つ興味や関心を大切にし、自主的・自発的に遊びや仕事を行うよう促し、思考力の芽生えを培う。
(4)保育園での集団生活を通して、自主・協調などの社会的態度と、道徳性の芽生えを育む。
(5)行事を大切にし行事に参加することにより、家庭や地域社会、外国や地球との関わりを有意義に体験させる。

活動展開に当たってのキーワードとなるもの

命や全てのものに感謝する心・もったいないと感じる心・昔の人の知恵に学ぶ・自然の不思議さに興味を持つ・自然の再生能力を知る・自然の循環を考える・生物の多様性と種の絶滅を知る・人種や異文化に対する理解を深める・持続可能な社会を考える・日本人として地球人として生きる

保育者の行動指針

(1)環境に関する法規やその他の要求事項を遵守します。
(2)保育活動を展開する上で、環境への負荷を低減する活動を推進します。
(3)環境目的・目標の設定及び定期的な見直しを行い、内部環境監査などにより、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。
(4)保育者の環境に対する意識の向上を図り、下記の事項については優先的に活動し、環境維持と汚染の予防に積極的に取り組みます。
1)子どもたちに対する「環境教育」の実施
  2)保護者に対する「環境教育活動」の啓蒙
  3)ゴミの分別の徹底
  4)省資源・省エネルギーの推進
  5)具体的アクション
    ACT1 冷房は28℃に設定しよう
    ACT2 蛇口はこまめにしめよう
    ACT3 アイドリングをなくそう
    ACT4 エコ製品を選んで買おう
    ACT5 過剰包装を断ろう
    ACT6 コンセントからこまめに抜こう

2008年11月16日

社会福祉法人草萠学舎
EMS統合マネジメント 坂村 英之

事業継続方針

事業継続マネジメントシステム導入の目的

認証登録番号:BCMS 652153 規格名称:ISO22301:2012 / JIS Q 22301:2013

 BCMSの導入は、自然災害や事故・感染症などによって事業リソースが被害を受けても、重要業務をできるだけ中断せず、園児と職員の安全確保を最優先しつつ保育園業務を安定的に提供するため、社会機能の維持にも関わる事業者としての西国立保育園が行うべき対応等の迅速かつ的確な行動に資することを目的としています。
 なお、BCMSに基づく措置は、非常時のその時々の状況に応じて柔軟に対応することといたします。

BCMSの計画について

①西国立保育園は、関連する法令その他の要求事項を遵守します。
②マネジメントサイクルとしての定着を図っていきます。また、訓練・レビューなどを実施してBCMSを継続的に改善します。
③非常時における保育園事業継続のために、被害を予防・防止するという観点から、計画的に事前対策を実施します、また、保育園の重要業務が中断した場合には、可能な限り早期に保育園業務を再開させるための復旧対策を実施します。

BCMSの運用について

①職員に対しては、被害想定シナリオや策定ノウハウを配布すると共に、職員会議や各委員会・研修会にて周知いたします。
②保護者の皆様には、入園説明会・保育懇談会・配布物「光の子」やホームページにて周知を図ります。
③その他の関係者には、西国立保育園ホームページに概要を掲載し情報の共有を図っていきます。
④事業継続方針の見直しがあった場合には、職員会議・各種委員会・ホームページにてお知らせいたします。