新型コロナウイルス感染症に対する当園の対応について

玉川保育園では、新型コロナウイルスが国内において更に感染拡大する可能性が

あることを考慮し、園内外への感染被害の抑止と園児・保護者及び職員の安全確保の観点から、

以下の対応を実施しております。

 

1.園児及び職員の健康状態の把握

園児、職員共に手洗いとうがいを徹底し、職員は出勤時に検温・記録しています。

風邪症状の体調不良者がいた場合は自宅待機とします。

園児に関しても発熱があった場合は発熱日時等を細かく記録し、健康状態の把握に努めています。

 

.アルコール消毒薬による消毒の徹底

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出入り口全てにアルコール消毒薬を設置し、職員を含む来園者に手指の消毒実施を呼び掛けています。

また、トイレ後や食事前等、園児の手洗い後には職員が付き消毒を行います。

 

3.赤外線サーモグラフィーの設置

 

 

 

 

 

 

     事務所内iPadのLIVE映像         FLIR社サーモカメラ(スウェーデン)

 

各家庭における検温などの健康管理に加えて、

赤外線サーモグラフィを設置し、職員及び来園者、登園時に園児及び保護者の

健康状態を確認。異常の早期発見に努めています。

 

玉川保育園では、今後も園内外への感染被害抑止と園児の安全確保を最優先に、

日々変化する状況に迅速に対応を決定し実施していきます。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。